島田紳助Lab

島田紳助のニュースや紳助から学んだことを研究し発表するラボ。

運営者の物語

[物語5]街で声をかけた美女とワンナイト

投稿日:2018年3月23日 更新日:

この話も上級者の研究と、
パクる紳助のエッセンスで成功アプローチした話。

 

金銭的な余裕ができてきたら、
今度は女性と遊びたい欲求が出てくるようになった。

 

男なら誰でもあるだろう。

 

今まで彼女とかはいたことはあったが、
そういう真面目な恋愛とかはもういい。

 

美女がいたらいつでも声をかけられて、
その場で仲良くなれたらどれだけ良いだろうか。

 

そんなことを考えるようになった。

 

けど、僕は相当チキン。
ビビリ。

 

そもそも僕は内向型のひきこもり体質。

 

街なかで見知らぬ女性に声をかけれるほど、
精神がタフではない。

 

今日は街に出て気になる女性に声をかけて見よう!
と思っても5時間ぐらいウロウロしてるだけで、
結局1人も声をかけられない。

 

家に帰って疲れて寝るだけ。
情けねえ~

 

声をかけられたとしても女性によって、
臨機応変に対応するのが最初全くできなかった。

 

僕は今度はいわゆるナンパをやっている人の
声かけをしている音声や動画を買いまくって研究した。

 

かなりの金額を使った。

 

そこでわかったことがある。

 

声をかける内容はなんでもいい。

 

けど、それなりの美女は、
キャッチや他にも声をかけられることに
もう慣れている。

 

というこの2つが分析の結果わかった。

 

紳竜のDVDで言う、

 

・M-1の戦い方

の部分。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
審査員はもう何組もいろんな漫才師見てんねん。
もう飽きてるわ。みんなと同じようにやってても。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

ここの部分は、

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
美女ははもう何人ものいろんなナンパ師の声かけられてんねん。
もう飽きてるわ。みんなと同じような声かけしても。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

と置き換えることができる。

 

そこで僕は偶然の出会いを装うような
ストーリーから入るトークスクリプトを考えた。

 

これなら、
セリフなのあらかじめ練習しておける。

 

僕は女性に声をかけるのも、
紳助のエッセンスを応用させた。

 

最初はなかなかうまくいかなかった。
あー全然ダメだ。

 

でも、話は聴いてもらえる。
食いつきはある。

 

なんとなく話しかける余裕はでてきたぞ。

 

ある日、

 

街にでかけたときに、
なんとなく気分が高揚していて、
調子が良かったのでスクリプトを試してみようと思った。

 

「えーー!?本当ですかー?」

 

反応が上々だ!
スクリプトがハマっている!!

 

近くのカフェに行くことを打診した。
OK!

 

近くのカフェに連れ出すことができた!

 

話をしてみると、
彼氏持ちだった。

 

マジ?僕にとっては衝撃だった。
彼氏いるのについてくんの??

 

やべwww

 

こんなことありえる??
最高に嬉しかった。

 

この時は連絡先を交換して終わった。

 

僕はその後も、
スクリプトの精度を高めるようにした。

 

紳助が漫才中、
一番ウケているときに、
次の新しいネタをもってきて試す。

 

というテストをしていたというのを
応用させた。

 

▼実際に声をかけている時の写真

(※場所はJR大阪駅のノースゲートビルあたりのエスカレーターを上がったところ。
これはナンパを指導してもらってる人に撮影してもらった時の写真。この女性は後ろ姿は美人だったけど、声かけてみたときに顔はイマイチで声をかけてしまったので仕方なくLINEを教えてもらって交換している様子。タイプじゃないので連絡しなかった。)

 

声をかけた時のネタとして、
反応が高いものは引き出しとしてもっておいて、
いろんなパターンをぶつける。

 

いわゆるワンナイトというのも
実現できるようになった。

 

今まで使わなかった脳が覚醒したような、
なんともいえない進化、
だと僕は思っている。

 

引きこもり体質で、
内向型でパーティーや交流会も苦手な僕が、
こんなことができるなんて、
昔の僕なら絶対にありえない。

 

紳助のエッセンスを僕は忠実に応用して、
こんな新しい世界も見えるようなった。

 

僕は180度変わった。

【実録レポート物語】僕は紳助のDVDの90で人生が変わった

このブログ運営者の僕はひきこもり体質で人見知りの真面目系クズ人間でした。

それが今では起業したり街で美女に声をかけられるようになったり自分が思うものは手に入るようになりました。

すべては紳助のDVDの90分を見たのがすべてのきっかけ。

さらに紳助の成功法則を起業物語で学ぶメールストーリー

-運営者の物語

執筆者:

関連記事

[物語4]2万円が銀行口座に入金されて吐きそう

DVDの中で紳助が売れる前にやったこととして、~~~~~~~~~~~~~~~~~~~売れている漫才師の漫才を録音して、全部紙に書きおこしてバラバラして分析した~~~~~~~~~~~~~~~~~~~とい …

[物語1]僕は紳助のDVDの90分で人生が変わった

当サイト運営者のレンガです。 いつも読んでいただいてありがとうございます。   ここからは島田紳助の成功法則を研究した結果などを書いているメールマガジンの一部です。   運営者であ …

[物語2]えーーーーーーーーーーっ!

今でこそ、この紳助のDVDを70回も80回も見て内容を暗記しているレベルだけど、僕は疑心暗鬼な部分があった。それがこの内容に対して、確信を持てる出来事が起こった。僕はもっと自分にしかできない仕事がした …

[物語3]確信から人生が変わる前夜

心の中でそんなことある?と思いながらも、そういうビジネスをしている人たちの中に入っていくだけで当時は落ち着かなかったので、オロオロしてた記憶がある。講師の人が「これ見たことある人いる?」と言ったので、 …